進化が止まらない引越し業者

最新の引越し業者事情についてお知らせします。

素晴らしいと感心した引越しサービス

子供二人と義母と夫婦の5人世帯の我家の引越しは、大変骨の折れるイベントになります。
子供達の荷物と義母の荷物の梱包作業は殆ど子供と私が行いましたが、夫婦の荷物や所帯道具まではとてもではないですが、手が回りません。
昨年中古の住宅を購入し、人生最後の引越しを経験した際に、素敵な発見をしました。
もっと早く知っておけばと同時に後悔の念も湧いた出来事です。
我家に引越しでは、家財の半分程度の梱包を別料金で、引越し業者にお願いしてきました。
荷造りと荷解きと収納を引越し業者に任せるのですが、男性の方の作業というのは、どうしても気が利かないところがありました。
食器などは後で配置を変えて入れなおさなければ、とてもそのままでは生活できないのです。
それに、下着などを触られてしまうのも仕方がないこととはいえ抵抗がありました。
引越し作業は重労働なので、男性主体で仕方がないとあきらめていました。
ところが前回依頼した引越し業者のサービスでは、荷造りと荷解きを女性スタッフだけが担当するオプションがありました。
そんなサービスもあるのね位の気持ちでお願いしましたが、これが大当たりでした。
やはり日頃家庭で家事をこなされているせいか、キッチン用品や食器なども、後で並べ替えなくて良いように収納してくださったんです。
私が知らなかったコワザ収納を見せてくれたり、応対も柔らかで扱いも丁寧なので、安心して作業を任せることができました。
全て自分達の手でで行えれば良いのでしょうが、ままならないときは、女性専用サービスのある業者を検討されると良いと思った出来事でした。